モーグル選手の育成事業
フリースタイルスキー強化事業への取り組み
まだ見ぬその先の君に会いたい。

サンガリアはフリースタイルスキーの強化事業を2005年より開始しました。活動は主に西日本のジュニア選手を中心とした強化育成と練習環境の整備に取り組んでいます。ジュニア選手の強化育成としてはシーズン中の指導はもとより、夏秋季にはトレーニングセミナーや体力測定等を開催。練習環境の整備においては長野県小谷村の白馬乗鞍温泉スキー場にてモーグルコースの運営を行い選手が集中して練習に励む事のできる環境を提供しています。また、あわせて各大会への協賛事業やその運営協力といった活動にも積極的に参加しウィンタースポーツ全体の活性化を応援します。

「西日本から世界へ」

これはスキー競技において言葉で言うほど簡単な事ではありません。しかし夢を追い続ける気持ちと熱い心があれば不可能は無いと我々は信じています。

近年、世界的に地球温暖化問題が叫ばれています。温暖化がこのまま進めば、向こう30~50年の間に標高1500m以下のスキー場では雪が積もらなくなるとも言われています。しかし私たちは100年後もこの地球に雪が降る環境を守っていかなければなりません。ウィンタースポーツでのさまざまな活動を通じて思いを次世代へつなぐために、サンガリアはウィンタースポーツを応援します。

SANGARIA WINTER SPORTS

SANGARIA WINTER SPORTS
区切り線
  • サンガリアの商品づくり
  • コミュニティ活動
  • サンガリアの取り組み