沿革

今、飲料というカテゴリーに何が求められているのか。様々なニーズに対し、サンガリアは鋭い感性と豊富な専門知識をもって、これまでも、そしてこれからも新しい商品を生み出します。

サンガリアの歩み 1951年~1999年
1951年~1999年へ 2000年へ
1951年 「石山食品工業社」として発足瓶入り清涼飲料・乳酸菌飲料・乳飲料の製造及び販売
破線
1971年 市場が瓶から缶に移行すると見込んで、「サンガリア缶コーヒー」発売 1971年 商品イメージ
破線
1974年 株式会社日本サンガリアベバレッジカンパニー設立
破線
1980年 サンガリア研究所設立
破線
1983年 「ウィスパー」(ワンウェイビン入)発売
サンガリアフーズ株式会社設立
1983年 商品イメージ
破線
1984年 今川工場建設
破線
1985年 「お茶」という名前で缶入り緑茶を発売
「ブレンドコーヒーボトル」(ワンウェイビン入)発売
1985年 商品イメージ1971年 商品イメージ
破線
1986年 窒素充填によるアルミ缶入り飲料の開発・発売
破線
1987年 ロサンゼルス現地法人設立
今川工場缶入り炭酸ライン増設
破線
1988年 果実飲みごろ100%シリーズ(ビン入)発売開始 1988年 商品イメージ
破線
1989年 珈琲飲みごろシリーズ(ビン入)発売開始 1989年 商品イメージ
破線
1991年 サンガリア研究所内にデザイン部門新設
『はてしなく自然飲料を追求するサンガリア』宣言
全商品から合成着色料、 合成保存料を徹底排除
破線
1993年 カルシウム入り、野菜系、つぶ入り果汁シリーズ発売
破線
1994年 逆浸透膜水処理システム設置
本社ビル建設
破線
1995年 インターネットシステム導入・ホームページを開設(業界初)
破線
1997年 温められるペットボトル研究開発
破線
1998年 業界初「ミルクコーヒー 500mlペット」(無菌充填ライン)発売
三重県内に伊賀工場建設
1998年 商品イメージ
破線
1999年 業界初、加温できるペット入り緑茶「あったかいお茶300mlペット」を発売 1999年 商品イメージ
区切り線
2000年~へ