カラダがよろこぶアミノ酸
カラダがよろこぶアミノ酸イメージ

私たち人間のカラダの60~70%は水分で、20%がタンパク質で出来ています。タンパク質は筋肉や内臓、髪や皮膚などカラダのあらゆる組織を構成していますが、このタンパク質を構成している成分がアミノ酸です。アミノ酸には大変多くの種類がありますが人間が生きて行く上で必要なアミノ酸は20種類でこのうち人間の体内で合成できる11種類を非必須アミノ酸、体内で合成出来ないものを必須アミノ酸と呼んでいます。私たちが食事を取るとタンパク質は20種類のアミノ酸に分解され、カラダの中で再びタンパク質に合成されます。 このように、毎日、合成と分解をくり返してるアミノ酸を私たちは毎日食事から摂取する必要があります。しかし、食生活が偏りがちな現代人はアミノ酸の摂取バランスについてもっと考えるべきなのかもしれません。

アイコン

スポーツにアミノ酸

筋肉はタンパク質から出来ておりその主成分はロイシン、イソロイシン、バリンというアミノ酸でBCAA(分岐鎖アミノ酸)とよばれます。激しい運動をすると筋肉中のBCAAを消費してエネルギーに変えようとします。しかし、運動をする前や途中でこのアミノ酸を補給すると筋肉の損傷を少なく抑え筋力の低下を抑えることができるそうです。また運動の後や睡眠前に補給すれば損傷した筋肉の回復や筋肉痛などを防ぐとされています。

アイコン

太りにくいカラダを作ろう

筋肉の原料であるアミノ酸BCAA(分岐鎖アミノ酸)を摂取しながらランニング等の有酸素運動を行って脂肪を燃焼させるための筋肉を増やすと、基礎代謝が高まって筋肉でのエネルギー消費が増え、太りにくいカラダを作るとされています。

アイコン

健康な肌を目指そう

アミノ酸は、美しい肌を保つためには大変重要な要素のひとつです。アミノ酸は肌の潤いを保つ天然保湿因子の成分であり肌にハリをもたせるコラーゲンもさまざまなアミノ酸から作られています。このように肌の健康のためにアミノ酸は欠かせないものとされています。

アイコン

強いカラダを作ろう

細菌やウイルスから身を守る自己防衛力が免疫力です。アミノ酸のアルギニンやグルタミンが免疫細胞のエネルギー源となったり、免疫細胞を増やしたりとこの免疫システムをサポートしてカラダの安全を守っているそうです。

アイコン

二日酔いに

二日酔いはアルコールが肝臓でアセトアルデヒドになった後に分解されるのですが、分解能力以上のアセトアルデヒドの毒性が体内に残ることで症状が現れます。アルギニンやグルタミンは肝機能を高めてアルコールの代謝を促進する働きがあるそうです。飲酒の前、飲酒後、その翌日にアミノ酸を摂取すると肝機能を助けて二日酔いを軽減してくれるそうです。

  • カラダがよろこぶお茶
  • カラダがよろこぶコーヒー
  • カラダがよろこぶ野菜