カラダがよろこぶコーヒー
カラダがよろこぶコーヒーイメージ

お昼寝前にコーヒーを、こんなフレーズを聞いたことはありませんか。これは「昼寝前にコーヒーを飲み、目覚めたら外光を浴びよう。」ということで、文部科学省の「快適な睡眠の確保に関する総合研究班」はこのほど、午後の作業効率が向上する正しい昼寝の方法をまとめました。実はこれコーヒーに含まれるカフェインの効能だそうです。コーヒーを飲んでから約15分程度の仮眠をとり、目覚めてから通常より明るい照明を浴びると、カフェインが脳に届いて効き出す頃とあいまって、最も目覚めが良くなるそうです。このようにコーヒーの成分が今いろいろと注目されているそうです。(文部科学省「快適な睡眠の確保に関する総合研究班」より)

アイコン

善玉コレステロールを増やそう

コーヒーに含まれるカフェインは、抹消の血管を広げ血管の環境を良くするとあります。だから全身に血液が行き渡り体も頭も活発に働き始めるそうです。コーヒーを飲み続けると善玉コレステロール(HDL)が増え始めて、このHDLが過剰になったコレステロールを細胞内から引き出し動脈の内側の壁に沈着するのを妨げてくれると言われています。

アイコン

脂肪を燃やそう

運動を始める30分ぐらい前にコーヒーを飲んで脂肪をエネルギーに使うジョギング等の有酸素運動をすると、コーヒーに含まれるカフェインの作用で脂肪が燃焼しやすくなると言われています。

アイコン

二日酔いには

カフェインには、2時間程度で体外に排出されようとする働きがあるので、お酒を飲んだ後に飲めば二日酔いの原因物質である血液中のアセトアルデヒトを排泄するそうです。また、カフェインには頭痛を鎮めたり、覚醒する作用もあるので二日酔いを多方面から助けてくれそうです。

アイコン

クロロゲン酸の抗酸化パワー

過酸化脂質がガンの原因となるのは過酸化脂質から発生するフリーラジカルという物質がDNAに影響を与えて、突然変異のきっかけを作るからだと言われています。コーヒーに含まれる強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種クロロゲン酸が、このフリーラジカルの生成を阻害するそうです。脂質の酸化を抑える強い抗酸化作用とフリーラジカルの生成の阻害という二重の防御でガンの元の発生を阻んでカラダの安全を守っていると言われています。

アイコン

筋肉疲労には

筋肉疲労を回復するには、体内代謝を活発にして血液に十分酸素を供給し体の隅々まで必要な栄養物質を供給することが大切です。また筋肉で不要となった物質を再利用するものと排泄するものに分け排泄物は腎臓を通して体外へ出します。 このメカニズムをコーヒーは活発にするそうです。

アイコン

低血圧・高血圧には

カフェインには血流を良くする働きがあるとされ、朝に弱い低血圧の方を活動的にする作用があると言われています。 高血圧の人には毛細血管を末端まで開かせることで血圧を低下させる働きがあるそうです。

  • カラダがよろこぶお茶
  • カラダがよろこぶアミノ酸
  • カラダがよろこぶ野菜